ホーム > よくある質問 Q&A

よくある質問 Q&A

センターのご利用

Q1
センターを利用するメリットは何ですか。
A1
センターは裁判に比べ迅速(Q&A8参照)に自動車事故の損害賠償問題に関する紛争を解決する仕組みを持っている公益財団法人です。
センターでは交通事故の損害賠償に詳しい弁護士が中立公正な立場で和解あっ旋を行なっており、費用もかかりませんので安心してご利用ください。
あっ旋が不調となった場合は、審査会に審査(Q&A9参照)を申立てることができます。
Q2
利用申し込みの仕方について教えてください。
A2
まず、電話で利用の予約をしていただます。その際、和解あっ旋が可能な状況(Q&A3参照)かどうか確認させていただき、あっ旋が可能な状況であれば受付けをいたしますので、予約日にお越しください。後日初回相談の日時等を記載した通知及び利用申込書、利用規定等を郵送しますので、利用規定の内容に同意した上で、利用申込書をご提出ください。
Q3
治療中ですが、申し込みができますか。
A3
治療が終了し、かつ後遺症がある場合は等級認定手続が完了して、損害賠償額が提示された後にお申込みいただくことになります。
Q4
センターを利用する場合には費用はかかりますか。
A4
センターは無料で利用できます。
ただし、医療関係書類の取付け費用、センターまでの交通費(駐車場代含)、資料作成費(コピー代等)、通信費(電話代等)等の費用はご自身の負担となります。
Q5
センターを利用する場合、弁護士等に依頼する必要はありますか。
A5
ご自身で費用をかけて弁護士に依頼する必要はありません。
センターでは、被害者本人が賠償問題の法律知識がなかったり、交渉に不慣れな場合であっても、センターの相談担当弁護士が中立公正な立場でご理解いただけるように適切に対応いたしますので安心してご利用ください。
センターの相談担当弁護士の費用はすべて無料となっています。

和解あっ旋

Q6
センターのあっ旋等の場へ出席するのは被害者本人に限られますか。
A6
被害者本人(損害賠償請求権のある人)が出席するのが原則です。やむを得ず本人が出席できない場合には、センターの相談担当弁護士の判断により、事故の状況や本人の状況をよく把握されている配偶者、親や子等の方に代理で出席していただくことがあります。
なお、代理関係を確認するため、委任状および印鑑証明書を用意していただきます。また、本人が死亡された場合は、被害者の相続人に出席していただくことになりますが、相続人の代表者が出席される場合は、他の相続人全員の委任状および印鑑証明書の提出が必要となります。
Q7
和解あっ旋はどのように行われるのですか。
A7
センターの相談担当弁護士が双方の主張をお聞きし、中立の立場であっ旋を行い、双方が合意できるように努めます。
双方が合意した場合は、和解成立としてあっ旋は終了します。
なお、1回にかかる時間は1時間以内を目途としています。
Q8
初回面談から何回位行くことになりそうですか。
A8
人身損害の場合は、通常3回で70%以上、5回までのあっ旋で90%以上の和解が成立しています。
物損の多くの場合は、2回程度で取扱いが終了しています。

審査

Q9
審査について教えてください。
A9
あっ旋が不調となった場合は、審査を申立てることができます。
審査は、和解あっ旋とは別の手続きです。
審査は、法律学者、裁判官経験者及び経験豊富な弁護士で構成された審査会で行います。審査では、争点や事故の状況について当事者双方から改めて説明を受けた上で、審査員の合議により裁定(結論)を出します。
なお、保険会社等は審査会の裁定を尊重することになっており、被害者が裁定に同意した場合は、和解が成立することになります。
また、被害者が裁定に不同意の場合は、センターでの取扱いは終了します。

 

ページの先頭へ